Net-Works

社会、ビジネス、環境に良い影響をもたらす包括的ビジネス

カメルーンのNet-Works

アフリカ、カメルーンのオッサ湖はNet-Works を行う二番目の国となる予定です。Net-Worksのチームは現在、現地のパートナーシップとインフラを立ち上げており、漁網回収を2015 年には開始する予定です。

オッサ湖付近の世帯の80% 以上の人々がその生計を湖と保護地区に大きく依存しています。現地コミュニティの人々はひどい貧困に苦しんでおり、教育、経済支援、公共医療サービスの利用には限りがあります。

サナガ川下流に広がるオッサ湖野生動物保護地区は、絶滅の危機に面している西アフリカマナティーと、淡水カメの保護区となっています。多数の危惧種の存在に基づいて重要生物多様性保護区域の一つに指定されています。

捨てられた漁網は湖の自然環境にとって深刻な問題となっています。マナティーやその他の淡水に生息する生き物が網に絡まり、航行上の危険です。そして、生き物の生息場所を破壊しています。

Net-Works は保護地区から捨てられた危険な漁網を回収してカーペットとして生き返らせることを可能にしました。更に、湖畔の地域に社会経済的インフラと機会を提供しています。

カメルーンの現地パートナー

Ministry of Forests and Wildlife (MINFOF) /森林・野生動物省 環境保護サービス

MINFOF はカメルーンの森林と野生動物の監督管理を担当している政府の機関です。オッサ湖保護サービスは保護地区の管理をしています。MINFOF保護サービスはNet-Works の導入と監督に従事しています。

Darwin Initiative (DI)

DIは、イギリス政府による基金で、世界中に拠点を置いたプロジェクトで、現地の生物の多様性と自然環境の保護を支援します。DI は、‘Community-based conservation for livelihood development in Lake Ossa Manatee Reserve’  ‘オッサ湖に生息するマナティーの地域密着型保護活動’と銘打って3 ヶ年プロジェクトをカメルーンで立ち上げ、Net-Works を支援しています。

Choose language

You appear to be viewing the website from within Japan.
Please select your language.

言語を選択

あなたは、日本国内から当ウェブサイトを閲覧しようとしてい ます。 表示する言語を選択してください。