Net-Works

社会、ビジネス、環境に良い影響をもたらす包括的ビジネス

廃棄物をカーペットに変える

Net-Works はビジネスをよりよく行う方法を見つける必要があったことから発展しました。 緊密なパートナーシップで協力することで、Interface(インターフェイス)とZSL は海洋および淡水のエコシステムに長期的にいい影響をもたらす確固としたビジネスソリューションを生み出しており、同時に世界で最貧困層の人々に経済的な機会も提供しています。 Net-Worksにより、発展途上国の漁業コミュニティは、廃棄された漁網をグローバルサプライチェーンに販売できるようになります。- Interface はタイルカーペットを製造の完全にリサイクルされた素材を入手し、現地のコミュニティは自然環境を保護する長期的な利益を得ることになります。

包括的ビジネス

1 日あたり2.50 ドル未満で生活できるでしょうか?

家族を扶養しているか、教育を受けようとしているなら、どうなるでしょうか?

想像しがたいことに、30 億人を超える人々が1日2.5ドル未満の水準の生活を送っています。これは世界人口のほぼ半分です。

発展途上国の海岸や湖岸にあるコミュニティで生活する多くの人々にとって、漁業、海藻の養殖、小規模農業は生活の糧を家庭にもたらす唯一の方法です。こうした生計の立て方には高いリスクが伴い、自然災害やその他の緊急時に金融サービスや社会保障制度をほとんど利用できません。

天然資源への圧力が地球規模で高まっている世界において、多くの場合に環境保護には困難で、高い費用がつきものです。また、環境保護にかかるコストは僻地で暮らす最貧困層の人々にとって負担となります。ZSL は、こうした人々にとってメリットとなる解決策となるよう取り組んでいます。

コミュニティーメンバーがNet-Works のグローバルサプライチェーンに漁網を販売することで、他の手段では不可能な長期的価値、さらには必要時の食料の購入や教育の支援、その他の生計の投資などに利用できる価値ある副収入源を提供します。

は、それぞれの回収場所で漁網を回収する拠点として社会経済的なインフラ発展を支援しています。つまり、地域社会の新しい銀行制度の設立や既存のネットワークの強化によって、金融サービスと価値ある貯蓄教育を人々に提供しています。

急速に枯渇しつつある天然資源は大きな環境問題となっています。そしてこの問題はビジネスにとっての大きな葛藤でもあります。「take-make-waste(搾取-製造‐廃棄)」という従来の産業モデルで事業を継続すると、環境破壊につながる上、経済的なダメージにつながるおそれがあります。

大胆なMission Zero戦略の一環として、Interface は石油への依存度を提言し、石油化学原料から脱却した100%リサイクル原料やバイオベース原料へと切り替える決断を下しました。一貫性のある高品質のナイロンの供給元を見出すことは特別な原料調達上の課題です。

Net-Works は、クローズド・ループを完成させるために、廃棄された漁網を原料の一部にすることで、クリエイティブな解決策を提供しています。Net Worksによって、Aquafilがタイルカーペット用のナイロン糸の原料を調達しています。最貧困層の人々がグローバルサプライチェーンに関わることで、Interface は包括的ビジネス な目標に向けて一歩前進しました。また、リサイクル原料の比率を増やすことで、Interface はバージン素材への依存度を減らしつつあります。

Interface にとっては、サステイナブルな革新こそが優良なビジネスです。

水は生命です。

地球の表面の70 パーセントは水で覆われています。

気候の調整から鉱物生産、飲料水や食料にいたるまで、海洋と淡水の健全なエコシステムはこの地球上の生命を維持する上で欠かせません。陸地に囲まれた都市部で暮らす人も、地方の沿岸部で暮らす人も、人々は皆、生きるために水に依存しています。

ところが、このエコシステムはもろく海に捨てられ漂うプラスチックは長期にわたって害をもたらし、海洋汚染の一因となっています。プラスチックによる汚染の大部分を占めているのは、ナイロン製の漁網です。  漁網が分解されるには数百年もかかり、この海に捨てられた網が海中で魚を捕え、人々の糧とならずに生き物を殺していきます。これを、ゴースト・フィッシングと呼びます。

ZSL は、経済的に持続可能で重要な海洋および淡水のエコシステムに頼って生活する人々に直接メリットをもたらすような解決策を常に探してします。

Net-Works は、コミュニティが協力して自然環境を浄化するために長期的な利益を示しています。コミュニティが生きるために必要な生き物の多様性を高めるために、エコシステムから漁網を除去して、より持続可能な行動をとるように促しています。

スケールアップ

Net-Works による初の実験的な試みはフィリピンのDanajon環礁で始まり、この画期的なモデルを微妙に調整してその影響を評価する中で、フィリピンにおけるプログラムは発展をつづけています。現在、私たちはカメルーンで新しいNet-Works 回収ログラムを設立しています。また、このモデルを再現する上で役立つNet-Works マニュアルの作成にも取り組んでいます。

私たちのチームは常に、このプログラムを発展させるための力となる新しい活動地とパートナーを探しています。

Net-Works の展開にかかわりたい方は、どうぞインターフェイスまでお問い合わせ ください。

Choose language

You appear to be viewing the website from within Japan.
Please select your language.

言語を選択

あなたは、日本国内から当ウェブサイトを閲覧しようとしてい ます。 表示する言語を選択してください。